国原譜

きょう3日は節分。コロナ禍の出口はいま…

関連ワード:

 きょう3日は節分。コロナ禍の出口はいまだに見えてこないが、春を迎える季節の変わり目に寄せ、少しでも明るい話題はないかと探ってみた。

 

 そこで見付けたのが県政15年の計。2037年に予定されるリニア中央新幹線の開業に合わせ、新たな地域づくりを進めようという計画だ。

 

 なら歴史芸術文化村の開村やUNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーラムの県内開催など、今年予定される事業から15年後の未来まで、多岐にわたる施策展開が描かれる。

 

 柱の一つは県立大学の工学系学部設置を軸にした大和平野中央スーパーシティ構想。大規模広域防災拠点や新たな交通網整備も視野に入る。

 

 10年後の国体開催に向け動き出したスポーツ振興、当面の計画期間を3年とする奈良デジタル戦略なども次々と合流、一体となってリニア元年に新しい都を完成させるイメージか。

 

 これまで奈良シルクロード博や平城遷都1300年祭に合わせて進められたプロジェクトに比べても、より規模が大きくなったポストコロナの未来図。それだけに困難も多そうだが、成果に期待したい。(松)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ