国原譜

阪神・淡路大震災から27年が経過した。…

関連ワード:

 阪神・淡路大震災から27年が経過した。兵庫県の実家で被災した身としては、それほど遠い出来事でもない。

 

 当時を振り返ると、最も役立った情報源はラジオだった。被害や道路、公共交通の状況、行政側の動きなどが知れ、その後の行動の指針となった。

 

 携帯端末の普及していない時代、移動しながら聴けるのも助かった。現在は災害や事故の発生時にSNS(会員制交流サイト)でも情報がやりとりされるが、信頼性の高さではラジオ放送に及ばないだろう。

 

 一般社団法人「奈良県中部で地域FMを作る会」は災害時に正確な情報提供も行う、県内での新たなコミュニティFMの開局を目指している。橿原、桜井、天理各市や磯城郡などが想定エリアとなる。

 

 インターネットでも聴取可能にしたい意向で、携帯端末で聴ければ利便性はより高まる。防災、減災につながる存在となるだけに開局が待たれる。

 

 震災で荒廃したわが街の姿を見続けていると、きれいな歌が聴きたくなった。スピーカーから流れ出てきた美空ひばりさんの「愛燦燦」に心癒された。ラジオにはそんな力もある。(智)

「防災・減災」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ