国原譜

毎朝食にヨーグルトをいただいている。小…

関連ワード:

 毎朝食にヨーグルトをいただいている。小売店で購入する時は、「ちょっとせこいかな」と思いながら、棚から賞味期限の長いものを選んでいる。

 

 ところが、猛省を促された。食品ロスを減らすため、「賞味期限・消費期限が近いものから選ぼう」とACジャパンの新聞広告に掲載されていたからだ。

 

 それによると、調査対象1028社における年間食品ロス発生量は、ヨーグルト1637トン、牛乳4723トン、パン3468トンに及ぶ(流通経済研究所2015年)。

 

 食品が無駄になるばかりでなく、廃棄処分にはエネルギーがかかり、CBAD+F9DAも発生するとある。これからは期限の迫ったものを買って、早めの消費を心掛けたい。

 

 コロナ禍が長引き、国民の貧富の差が広がっている。フードバンク奈良は、個人や企業から食品の寄付を募り、福祉施設や生活に困っている人たちに届けている。

 

 家族が少ないのに飲料や缶詰などのセットを贈ってもらい、気がつけば消費期限が切れていたことも。早めに寄付すればロスが防げるのではないか。「もったいない」精神は「人に優しく」に通じる。(栄)

「自然保護・環境」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ