国原譜

 続々とメダル獲得が報じられて、少しずつオリンピック気分が増してきた。開会式直前までゴタゴタと中止を求める声もあった。

 コロナ禍で1年遅れての開催で、しかも東京が緊急事態宣言の発令中という、極めてマイナス要素が高いなかでの開幕に、まだ不安に思う人々も多い。

 そうしたなかで無観客での開会式は、賛否はあるが日本らしい演出となった。三波春夫さんの東京五輪音頭が日本国中で歌われ、開会式への気分を盛り上げた。

 そして古関裕而さん作曲の行進曲は今も耳に残る。各国の選手団の入場行進をテレビで見ながら、知っている大国よりも無名の小さな国の選手らの誇らしげな姿に感動した。

 この地球上のどこかで、彼らは日々の暮らしを続け、五輪という目標に向けて練習に励んできた。初めて飛行機に乗った選手もいるのではないか。

 世界中の若者たちが東京に集い、競い合っている。やはり五輪は平和の祭典でなければならない。地球上のすべての国々が手を携えていかねばと、行進する選手を見ながら思う。勝者も敗者あるけれど、大会の成功を祈りたい。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報