国原譜

 夏目漱石の小説によく登場する「高等遊民」ならぬ「高齢遊民」が最近、目立ってきている。平日に図書館や大型ショッピングセンターで見かける人たちだ。

 日本は今、超高齢化時代を迎えている。リタイアの後、就業しないで老後を生きる年金暮らしの高齢者は、今後ますます増えてくる。

 そこで大きな課題となってくるのが、余暇をどう過ごすかだろう。健康なのに家にこもりきりでは精神的に落ち込む。社会とのつながりを保つため、サークルやボランティアなど活動をするのが理想的だろう。

 といっても、身近に活動の場が見つけられなかったり、個人で過ごす方が気楽な人はいる。そういう人たちが、無料利用できる図書館などで時を過ごすのだろうか。

 このほど、大和高田市役所新庁舎を訪れる機会があり、1階の市民サロンや3階屋外テラスといった市民憩いの場が設けられているのに感銘を受けた。

 これなら、高齢の市民が気兼ねなく、ゆったりとくつろげそう。最新の市庁舎は、重要な行政課題となってきている高齢者居場所づくりのモデルケースになるのでは。(栄)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報