国原譜

 無事に新年を迎えられたことを共々に喜びたい。昨年は現在進行形ではあるが、新型コロナウイルスに振り回された年だった。

 第3波の真っ只中にあり、英国発の変異種の感染者も確認されるなど、油断できない状況が続いている。それでも人類は、疫病との戦いを乗り越えて今があることを知る。

 ギリシャ神話のパンドラの箱を思い出す。神ゼウスがパンドラという人間の女性を作らせた。地上に行く時に、「絶対に開けてはいけない」と言って箱を渡した。

 「開けてはいけない」と言われたら、開けてみたくなるのが人間だ。地上に着いたパンドラは好奇心に負けてしまい、箱を開けてしまった。

 その箱から飛び出してきたのが、「争い」「疾病」「悲観」「憎悪」などのありとあらゆる「禍い」だった。あわててふたを閉じたが、すべての禍いは人間界に飛び出した後だった。

 最後に箱の片隅に残されていたのが「希望」だったという。自粛、我慢を強いられてきたけれど、「希望」を信じて前に進んでいきたいと思う。今年が誰もが希望に満ちた年であってほしい。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報