国原譜

 就寝前、息子によく読んだ絵本に中山千夏さんの「どんなかんじかなあ」がある。和田誠さんの柔らかい絵もあって息子が好んだからだ。

 目が見えないこと、耳が聞こえないこと、両親がいないこと。男の子は考え、つかの間体験し、そして発見する。示唆に富み、読み手の大人にも心に種を残してくれた。

 一年を振り返る時期になった。全体、個人を問わず新型コロナウイルスの影響を受け続けた年だったのは疑いがない。本紙の年末回顧連載も半分が新型コロナ関連だった。

 日々の行動で、勉学で、生業でさまざまな制約、試練があった。肉親にも会いづらいといった不自由さは今も続く。

 ワクチンへの期待もある。それも好材料としつつも、現況の改善にはさまざまな人の立場をおもんばかり、予防して少し我慢の日常を送ることに尽きる気がする。

 新型コロナに抗する取り組みのクラウドファンディングには予想以上の支援が集まるという。前向きな思いをくんだ素敵な傾向だ。来年は今年の出来事を笑顔で話せる年にしたい。我慢の末にその時を迎えるのはどんなかんじかなあ。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報