国原譜

 新型コロナの感染報告が止むことなく続いており、患者の年齢や職業など属性を見ると、感染が社会全体に広く浸透しつつあることを実感する。

 大阪での1次感染に加え、県内で起きる2次感染も場所や状況などが多様化。そうした中で改めて社会の課題が浮き彫りになってきている。

 一つの例が育児や介護との兼ね合い。家庭で世話をしている人が感染した場合、誰が代わって面倒をみてくれるのか。施設やヘルパーを頼るにも濃厚接触者なら対応は容易でない。

 幼児らに関して県は、こども家庭相談センターを通じた一時保護を実施しているが、まだ積極的な感染症対策としては位置付られていない。

 また奈良市の障害者短期入所事業所ではクラスターが発生。担当者は再発防止に取り組むと話すものの、施設内での指導徹底や水際作戦など実効性ある方策には工夫が求められる。

 ウイルスは相手を選ばないが、実際には弱者ほど割を食うという状況も見えてくる。影響を受ける人が多い事例を優先するのは大切な観点に違いないが、政治や行政は常に隅っこにも目配りを怠りなく。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報