国原譜

 書店、文具店の売り場に並んだカレンダーや手帳。そんな風景を目にすると、つい思い出してしまう言葉がある。来年のことを言うと鬼が笑う。

 手元の故事ことわざ辞典には「予知できない来年のことを言えば鬼が笑う。将来のことは予測しがたいことをたとえて言う」と説明がある。

 どこかシニカルで冷めた表現といえそうだが、新型コロナウイルス感染症に翻弄された今年を振り返れば、なるほどと納得もする。この状況を昨年末に予見できた人がいたろうか。

 56年ぶりの東京オリンピック開催に向けた各種の取り組み、増加を続ける訪日外国人を背景にした景気浮揚が、コロナ禍でふつりと切れた。

 当てが外れたと残念がるだけでは済まない深刻な状況。感染症による死者数は全世界で130万人以上、国内も2千人に近づいている。どこかで鬼が笑っているとしたら恐ろしい。

 鬼でも神でもない人間に将来を確実に見通す力はないが、ただ予定するだけでなく目標を立てて達成に努力すれば実現性が高まり鬼に笑われずに済むかも。そんな願いも込めて令和3年の手帳を買った。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 政府広報防災
  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「いのちのつながり」展開催で入館招待券

絹谷幸二・絹谷香菜子「生命輝く」2017年 ミクストメディア 200号
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報