国原譜

 県高校夏季野球大会は、きょう31日の2試合でベスト4が決まる。いつもなら球場近くを通るだけで熱戦を感じさせる大声援はなく、セミの声だけがにぎやかだ。

 新型コロナウイルスは収束の気配を見せず、県内でもクラスターが発生するなど、増え続ける感染者数は第二波の到来を思わせる。

 人の営みが新型感染症に揺さぶられる中、季節はいよいよ夏本番。間もなくツクツクホウシも鳴き始めるが、風物詩が姿を消した夏と移りゆく季節の隔たりが、自粛生活のストレスを増幅させる。

 「コロナうつ」という言葉も生まれるなど、新型コロナが人の心に及ぼす影響を調べるため、厚生労働省がメンタルヘルス全国調査を実施する。結果は精神保健福祉センターで対応に生かすという。

 春には春の、夏には夏の行事があり、行きたい時に行きたい所へ―。そんな日常が心の安定にどれだけ大きく寄与しているか、コロナ禍で実感した人も多いのではないか。

 日本精神神経学会などは新型コロナの世界的流行を「災害」と位置付けている。感染防止と併せ、心の復旧も急がねばならない。(増)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介