国原譜

 23日からの4連休。お天気がぐずついていたことや、何よりコロナ感染の広がりで、外出を控えた人は多かったことだろう。「買い物以外は在宅」といったところか。

 スポーツ紙を買いに立ち寄ったコンビニの雑誌コーナーで、青空を背景にした広島・原爆ドームの表紙に目がいった。「時空旅人」(三栄)という不定期刊の雑誌だった。

 「太平洋戦争の足跡をゆく」がメーンタイトルで「終戦75年目の夏 戦争をどう語り継ぐのか?」という硬派なサブタイトルに、編集者の危機意識を感じた。

 ヒロシマ・ナガサキの資料館だけでなく、「知覧特攻平和会館」(鹿児島県)「周南市回天記念館」(山口県)「沖縄県平和祈念資料館」「対馬丸記念館」(沖縄県)「靖国神社遊就館」(東京都)が詳しく紹介されていた。

 他にも「丸木美術館」(埼玉県)「満蒙開拓平和記念館」(長野県)などの案内があり、いろいろな視点から戦争を学べるようになっている。

 梅雨が明ければ鎮魂の8月。コロナや水害が世界的な規模で被害が広がっている中だが、平和についても忘れないでいたい。(恵)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介