国原譜

「朝令暮改」で「二転三転」する政府の場当たり的な方針に旅行会社などの関係者は振り回され「泣き面(つら)に蜂」で「疲労困憊(こんぱい)」ではないか。

 実施前からトラブルだらけの、政府による観光支援事業「Go To トラベル」が昨日から始まった。「東京除外」からキャンセル料問題が発生し、政府の迷走ぶりが際立った。

 そもそも「コロナが落ち着いてから実施する」との閣議決定が、7月23日からの4連休でも成果? を挙げたい政権の思惑によって前倒しされたことが混乱の発端だ。

 折悪しく、全国的な規模でコロナ感染の波が市中に広がり、「気分的に旅どころではない」というのが国民の多くが感じていることだろう。共同通信の世論調査でも「全面延期すべき」が6割を超えていた。

 今までの政府のコロナ対策はお粗末としか言いようがない。10万円にしろマスクにしろ、届くまでの時間がかかり過ぎた。PCR検査もあまり進んでいないように見える。

 最近は安倍首相の姿が隠れて見えない。「陣頭指揮」を望むのは、ないものねだりなのだろうか。(恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介