国原譜

 情報源として以外にも、家庭に新聞がなければ随分困る。包んだり敷いたり、手軽に使える紙としての用途だ。キャンプなどでは着火剤としても重宝する。

 書籍ならそうはいかないが、新聞は翌日には新しい紙面が届いて古紙となる。興味のある記事さえ手元に置けば、吸水性の良い大きな紙として、使い勝手は悪くない。

 新型コロナウイルス感染症が拡大し、トイレットペーパー不足が遠い昔のように思えるが、先月初め、オーストラリアの地方紙が、新聞の一部ページをトイレ紙仕様で発行したと話題になった。

 通常の紙面よりも薄く、ミシン目も入っていたというから気が利いている。読者の反応も良かったという。発行部数が伸び悩む業界にあって、何やら勇気づけられる話題だった。

 むろん賛否はあるだろうが、その日だけの限定版。非常時に新聞が秘める可能性の一つとして、そんな日があってよいだろう。

 以前も本欄で紹介したが、新聞紙は防寒具や靴下にも変身する。防災袋に数部程度は入れておきたい。トイレ紙の話題が新聞「いいね」につながればうれしい。(増)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介