国原譜

 少し風が冷たかったが、天気に恵まれて県内各地で成人式が行われた。晴れ着姿で参加したどの顔も、令和初の新成人とあって、頼もしく見えた。

 久しぶりの同級生に会えたとあって、式典中、おしゃべりしている人もいたが、一時期のような飲酒したりする暴走気味の成人は減ったようだ。

 新成人による実行委員会主導の成人式やゲストを呼んだりして工夫がこらされている。昭和時代に成人したものにとっては、その違いに驚くだろう。

 平成時代が戦争のない平和な時代であったが、令和の時代を生きる新成人たちは、緊迫化している国際情勢をにらみながら生きることになる。そしてデジタル社会の真っ只中にいる。

 少子化という言葉は嫌いかもしれないが、現実を受け止めてほしい。少数精鋭と考えればいい。精鋭というのは少数なのだという、プラス思考が大事だ。

 ただ、ずるい大人になってほしくない。人が見ていようといまいと、何が正しいかを考えて行動してもらいたい。だからこそ、大人たちは、わが身を振り返り、範となる生き方が求められる。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介