国原譜

 スポーツに疑惑の判定はつきものだが、なかでも世界的に有名なのがサッカー1966年W杯。地元開催のイングランド―西ドイツの決勝戦だろう。

 イングランド選手のシュートが、ゴール上のクロスバーの下側をたたき、ほぼ真下にバウンド。線審はゴールと判定した。西ドイツは猛抗議だ。

 西ドイツの肩をもつわけではないが、当時の映像からはノーゴールのように見える。サッカーの母国開催で何らかの忖度(そんたく)が働いたともいわれている。

 現在のW杯にはビデオ判定が導入されているから、このような疑惑はなくなりつつある。ところが先日、日本の大相撲で不可解な判定があった。

 栃ノ心―朝乃山で、行司の軍配は栃ノ心に上がったのだが、栃ノ心のかかとに土俵外の砂がついていたと物言いがつき、判定が覆った。

 ところが、ビデオでは栃ノ心のかかとは、ういているように見える。審判長は「ビデオより人間の目を信じる」のだそうだ。それならビデオなど導入しない方がいい。グローバルなスポーツを目指さずに、ローカルな伝統芸能に徹すればいい。(栄)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

胃腸の知識と守り方の本

プレゼント写真
提供元:幻冬舎メディアコンサルティング
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介