国原譜

 地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、その魅力を発信する「日本遺産」に、奈良県関係では滋賀県や京都府などと共同申請した「西国三十三所観音巡礼」が認定された。

 20日に文化庁から発表された「西国三十三所」は、観音菩薩を安置する近畿2府4県と、「満願」の寺・谷汲山「華厳寺」がある岐阜県にある33の霊場を札所として巡礼するもの。日本最古の巡礼路とされる。

 寺の頭に〇〇山とつく所が多く、結構ハードな山登りになる場所も多い。その分、到達した時には、登りきれたという達成感があり、ありがたみが増幅する。

 県内では、6番・南法華寺(壷阪寺)、7番・岡寺、8番・長谷寺、9番・興福寺南円堂の4寺が札所。いずれも、歴史のあるなじみ深い場所といえるだろう。

 今回の認定では「終活」をテーマにストーリーをまとめたことや、将来的な活用への期待が評価されたという。

 最近は社寺の「御朱印」ブームらしいが、単なるコレクターや、それらを転売する輩も増えている。祈る心と「授けていただく」という感謝の心を大事にしたい。(恵)

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介