国原譜

 歌手のさだまさしさんが新しいCD「新自分風土記I・II」を2枚同時に発売した。IIは「まほろば編」と銘打ち、奈良を舞台とした過去の曲を収めている。

 初回限定版には春日大社と東大寺で撮影したDVDを付属。その一部でがんと闘いながら奈良を撮り続ける映像作家保山耕一さんがカメラマンを務めた。

 両社寺と深い縁を結ぶさださんだからこそ許された撮影。保山さんは神仏への敬意を表すため、深夜にろうそくの明かりの中、たった一人で歌を奉納するさださんの姿を撮った。

 完成した作品を一言で表すのならば「畏(おそろ)しい」。あえて高画質、高感度のカメラを使わない保山さんの映像は、暗い部分が闇(やみ)となる。

 いにしえより人々は本能的に闇をおそれ、その中に神仏の存在を感じた。きっちりと闇が表現された保山さんの映像も、さださんの歌声とも相まって見る者に神仏への畏敬の念を抱かせる。

 暗闇が身近にある奈良は、光にあふれた都会と違い常に神仏の気配を感じられる。保山さんの映像は国のまほろば・奈良の魅力も気付かせてくれた。(法)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

胃腸の知識と守り方の本

プレゼント写真
提供元:幻冬舎メディアコンサルティング
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介