国原譜

 「令和初」のと初モノづくしが続いているが、ようやく慣れてきたところだ。時代が変わったにしては、平成のままというのもある。

 昨日から選挙後初めての県議会が開かれ、再選を喜び合う姿も見られたが、過半数を占めている自民党議員らに、覇気が感じられないのはどうしたことか。

 今度も会派は3分裂しており、これを何とかしようという気概がない。最大会派の自民党が11人、第2会派の自民党奈良が9人、自民党絆が2人という構成だ。

 党県連の幹事長など要職を占める第2会派が、汗を流そうとしないのが問題だ。この4年間、異常なままで過ごしてきたことを反省すべきだ。時代が変わったのだから。

 今度の選挙で自民党が支持され、安倍政権が堅調なのは、変わるべき野党の力のなさだ。消極的支持であることを知らねばなるまい。7月の参院選もどうなるか分からない。

 明日には議長をはじめとした新役員が選任される。平成時代の悪しき慣習を続けるのかどうか。他会派の議長が選ばれるなら、過半数を占める自民党はあまりにもお粗末としか言いようがない。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ボートレーサーの魅力伝えるカレンダー

プレゼント写真
提供元:ボートレース振興会
当選者数:20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介