国原譜

 例年以上に大型の連休が近づいてきた。綿密な予定を立て、休みの到来を心待ちにしている人も多いことだろう。

 本社には全国の自治体から多様な発行物が送られてくるが、時節柄気になるものがあった。地元以外の観光客向けの情報誌だ。

 目にとまったのは香川県「新・さぬき野」春号と、和歌山県「和(なごみ)」38号。前者は瀬戸内の春の味として魚、すしを取り上げ、後者は地産地消で地域の農・海産物と料理を特集している。

 いずれも写真やレイアウトなどの見せ方が秀逸で、満腹時でも唾液が出てきそうな誌面。文章も過不足なくつづられ、近場だけに日帰りでもと思わせる充実ぶりだ。

 奈良県も折りたたみ全県マップに見所の紹介を添えた「旅するなら」や、社寺の催事が中心の「祈りの回廊」、国際交流員が外国人目線で各地の魅力を語る「奈の良」などがある。ただ旬・印象度で、個人的には他県の両者にやや分があるように感じる。

 旅人の腰を浮かせるのは日帰りでも容易ではないが、そこから再訪、宿泊にもつながる。新入社員同様、第一印象は重要な要素でもある。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「花の郷滝谷花しょうぶ園」入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報