国原譜

 昨年、ノーベル生理学・医学賞を受けた本庶佑氏の業績と人柄は素晴らしいが、納得できない発言があるという人がいる。それは「教科書に書いてあることを信じてはいけない」。

 「教科書が信用できなければ、子どもたちは勉強ができないじゃないか」との素朴な疑問だが、本庶氏は「すべてを信じてはいけない」と実証主義の大切さを説いているのだろう。

 教科書の記述は絶対ではなく、時代とともに変遷するのは確かだ。「昔と今とはこんなに違う 社会科の教科書」(水王舎)を読んで認識を新たにした。

 江戸時代には「士農工商」という身分制度があったと筆者は今までそう理解していた。ところが、農、工、商に身分的な違いはなかったことが明らかになり「士農工商」は教科書から消えているのだそうだ。

 日本で最初の貨幣は「和同開珎(ちん)」とされていた。これは1999年に明日香村の飛鳥京跡から大量出土した富本銭(ふほんせん)にとって代わられた。

 富本銭の発見は地元の本紙にも大きく報じられた。今年は教科書を書き換えるような大発見があるのだろうか。(栄)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

柴犬と車の冒険絵本

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報