国原譜

 「東日本大震災」から、もうすぐ7年。かつて見たことのない、あの日の大津波の映像が、脳裏に浮かんでくる。

 そんな折住友生命保険が5日までに実施した「わが家の防災アンケート」の結果が発表された。

 それによると、この1年の家庭での防災関連費用は平均3319円で、前年調査と比べて818円(32・7%)増えたという。地域別の平均額は、中部が最多で6155円、近畿が3317円、九州が3081円、関東が3077円などとなっている。

 その一方で、「0円」との回答が前年並みの57・8%あり、依然として関心が低い層が多いことが分かる。世帯間で防災に対する意識の差が、かなり広がっている点は気になるところだ。

 ただ、正直なところ、現在の経済事情では、そこまで費用をかける余裕がないということなのではないか。そうはいっても、せめて家族分の非常用の飲料水や食品の備蓄については機会をみつけて点検をしておきたい。

 また、近所の避難場所の確認、家族の集合場所や非常時の連絡方法などは、ぜひ話し合っておきたいものだ。 (恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド