国原譜

 全会一致はほど遠い。論議を聞いての正直な感想だ。本格論議が始まった県議定数等検討委員会。8会派の主張がそろって提出され、さてこれからだ。

 現状維持は4会派。自民党3会派は足並みをそろえた。何らかの見直しを提案した残り4会派のうち、総定数(現行44)をめぐっては削減と増加で分かれた。

 現行16選挙区で4選挙区ある「1人区(定数1)」解消を求めたのは2会派(公明党と日本維新の会)だけ。「死に票」是正の訴えはどうにも盛り上がらない。

 人口比較で逆転現象が生じている香芝市(定数2)と生駒郡(同3)の両選挙区については、共産党が香芝市の定数1増を提案した。定数増を主張した会派は共産党のみ。

 それぞれの考え方がにじんでいて興味深い。人口比だけで議員数が決まらないのはなぜか。適正な議員数というのはあるか。1人区は何が問題なのか。大いに論議してほしい。

 平成26年6月に結論を出した前回の同委員会でも総定数の削減または増加、1人区解消を求める意見が出ていた。前回の結論は現状維持。今回は変えられるか。活発に議論を。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド