国原譜

 野田聖子総務相が、ふるさと納税の返礼品として高額な商品や家電を贈らないよう、自治体に徹底を求めた。自治体間の競争が過熱していて、昨年自粛を通知したが一部の自治体で守られていないからだ。

 寄付金の3割を超える高額な商品を贈らないように要請しているが、1万円の寄付で5、6千円以上の価値がある返礼品を提供する自治体がある。

 素直に要請に従った自治体は、寄付額が大きく減っているという。「正直者(の自治体)が損をする」のが、今のふるさと納税制度だ。

 激しい返礼品競争は、自分自身のふるさとや、財政面で苦しい自治体を応援しようという制度の趣旨から大きく逸脱しているのではないか。

 といいつつ、地元ならではの特産品や工夫がある返礼品は、カタログを眺めているだけで楽しい。その地方へ旅行したような気分にもなる。

 五條市が、鳥獣害対策として駆除したシカを市食肉加工施設で処理してシカ肉を商品化、返礼品になっている。これなどは、知る人ぞ知る美味な食材を味わえ、地域活性化にもつながる一石二鳥の返礼品ではないだろうか。(栄)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド