国原譜

 橿原市の近鉄大和八木駅南側に市役所分庁舎とホテルの複合施設「ミグランス」がオープンした。市章にもデザインされたトビの学名が名の由来という。

 10階の展望フロアに上がってみると、トビの目線もかくやと思わせる雄大な景色が広がっていた。大和三山はもちろん、金剛・葛城から二上山に続く山並みも、さえぎるものなく一望できる。

 展望フロアには夜の9時半まで上がれるといい、夕日の美しさは格別だろう。夏は近隣の花火も楽しめそうだ。

 このフロアの活用については紆余(うよ)曲折があったようだが、ベンチしか置かない潔さが景色の純度を高めた。感嘆の声を上げて窓外にスマートフォンのカメラを向ける人が何人もいた。

 ホテルには展望浴場もあり、観光面で期待が高まる一方、公有地に誕生したホテルが市内の業者を圧迫する懸念は消えていない。

 施設がどのような経済効果をもたらすのか、試されるのはこれからだ。神武天皇の窮地を救ったトビのように、「ミグランス」の放つ光が民業圧迫の懸念を消し去り、市の未来を切り開くことを期待したい。(増)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド