国原譜

 子供の頃からの習慣は意外に抜けないものだ。生活面はもとより、趣味嗜好(しこう)でも元来の癖のように身に付いていたりする。

 スポーツ庁が公表した、小学5年と中学2年が対象の平成29年度の全国体力テストの結果では、女子の体力は20年度の調査開始以来の最高値を更新。県も同様の傾向だが、中学男子以外は全国平均をやや下回った。

 もっとも改善傾向が見られ、危機的な数値でもない。気に掛けるとすれば、全国平均より週間の総運動時間が60分未満の子供が多く、テレビやビデオの視聴時間が長い点だ。

 運動が何より優先するものではない。諸事情で活動の時間が取れなかったり、できない場合もある。近年の社会状況から子供だけの外遊びを不安視するかもしれない。

 ただ人生100年とされる時代。はるか将来を見据えた健康、体力維持を考えれば、可能な限り子供の時に運動癖を付けておくのはマイナスにはならない。

 部活ではなく、運動に緩やかに親しめる方策も各方面で検討されているようだ。できれば安全な外遊びの環境づくりにも各立場から知恵を出したい。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド