国原譜

 平昌冬季五輪が開幕。開催地と時差のない日本では連休と重なったこともあって、まだ序盤戦ながら既にテレビ観戦に夢中という人も多そうだ。

 厳しい寒さが伝えられる同大会だが、選手や応援団からは4年に1度の大舞台にかける気迫が伝わってきて、競技会場はむしろ熱気に満ちている。

 ただ、そんな中にあって以前の五輪が持っていた過剰な緊張感が薄れてきたように見えるのは好ましい。国民の期待は今も大きいが、開会式で軽やかに行進する出場者の姿は見ていて楽しい。

 また前回の開催国で組織的ドーピング問題が発覚したロシアが、今回は個人資格の選手だけの出場となったことも教訓として前向きにとらえたい。

 国威発揚のためではなく、自分自身のため世界に挑み、限界を乗り越えて頂点を目指す。2年後に東京五輪が迫る中で、今冬季大会を競技場整備や選手育成の意義を考える機会にもすべきだ。

 そして大会5日目、きょう13日はスノーボード男子ハーフパイプ予選に、いよいよ平岡選手が登場。地元の御所市ではパブリックビューイングも開催、声援の熱狂が高まる。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ギターとチェンバロの演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:テーネ・ザール
当選者数:6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド