国原譜

 もう40年ほど昔、1970年代を象徴する言葉として「情況の浮力」というのがあった。一部で通用していただけかもしれないが、印象に残っている。

 世界が構成的に拡大し、多重で多義的な構造へ転化。根源で何が起きているのか捉えにくく正体不明の圧迫感に襲われる、といった状態の指摘だったろうか。

 当時、どうにも地に足が着いていないような、この「浮力」を実感した気がした。そして現在に至るまで、世界はやはり捉えどころがないように感じ続けている。

 最近話題となっている「仮想通貨」なども、当方にとっては捉えどころのなさの最たるものだ。各種報道をみても、こちらの理解の仕方が悪いのだろうが、よく分からない。

 「意味」や「価値」をたどろうとするが、しっかりつかんだと感じられない。あまりにも高層の世界であるために、空気の薄さに耐えられる人にしか分からないのだろうか。

 これが世界の最先端の情況(状況)の一角か。新たな段階の意味や価値を示しているのか。今は局地的で密室的に見える仮想通貨がどこへ行き着くか、見届けたい気がする。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド