国原譜

 街を歩いていて、銭湯があるとなぜかうれしい。暮れ方など、洗面器を抱えてのれんをくぐる人を見るとさらにうれしい。

 近所に住んでいるわけではないのだが、その地がぐっと身近になったように感じる。銭湯を通じて生活に直接触れることが一番の理由だろう。

 23日付の本紙によると、昭和48年に124軒だった県内の銭湯は現在18軒。最近の10年ほどで20軒以上減った。同じペースで減り続けると、10年後にはなくなってしまいかねない。

 その数を聞けば存在自体が文化財級で、どうすれば今後に引き継げるか、行政を含めた組織的な取り組みが求められる。利用者の増加と後継者の確保が両立しないと存続は難しい。

 そんな中、五條市が市内唯一の銭湯となった「栄湯」で、風呂上がりにイノシシ汁を振る舞う催しを26日に開く。初めて銭湯を訪れる人もいるかもしれない。

 「栄湯」は金剛山から湧き出る井戸水を沸かし、燃料は薪(まき)という。薪の湯は「肌当たりが柔らかく、冷めにくい」と聞く。愛情のこもった湯で温まれば、銭湯のありがたさが体の奥まで染み渡りそうだ。(増)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド