国原譜

 「寸陰を惜しめ」「生活は質素、研究費は放胆に使え」。県立橿原考古学研究所の初代所長だった故末永雅雄氏が、関西大学の論集に掲げた「士規七則」から抜粋した。

 末永氏は昭和27年から関西大学の教授を兼任し、多数の研究者を育てた。勇み足の発表を戒め、研究室一丸の協力体制を重視、その姿勢は七則の「相互扶助」「先人の業績を尊重」にも表れている。

 すでに帝国学士院賞も受賞していた末永氏が橿原遺跡の調査責任者として現地入りしたのが昭和13年9月13日。県教育委員会に橿考研の設置規則が定められたのは昭和26年だが、橿考研はこの日を創立日としている。

 その橿考研が今年、創立80周年を迎える。先月発足した80周年を「祝う会」には、企業や社寺も参集した。

 末永氏の研究姿勢は「常歩無限」。あわてずとも冷静に努力すれば成果は実る。橿考研80年の歩みは末永氏の教えの上にあるのだろう。

 戦中、戦後の混乱期に県内で遺跡調査を続けたのも、末永氏を柱とする橿原遺跡の調査メンバーだった。支援者の輪が広がる80周年にも、創立の歩みは大切にしたい。(増)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ワールド・ドリーム・サーカスの鑑賞券

プレゼント写真
提供元:奈良新聞社
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド