国原譜

 大掃除も終わり、クジラ鍋を囲んで一年を振り返る。捕鯨が盛んだった江戸時代には、江戸はもちろん、各地でそういう光景が見られたという。

 当時は12月13日が一斉「すす払い」日とされ、終わるとクジラを食べるのが習慣だった。「湯にいってきて大魚を食っている」。銭湯で汚れを落とし、にぎやかに食べるクジラ鍋は、さぞうまかったことだろう。

 すす払いを詠んだ江戸川柳には、こんなものもある。「あくる日は夜討ちとしらずすすをとり」。

 12月14日はご存じ赤穂浪士の吉良邸討ち入り。本所松坂町にあった吉良上野介の屋敷でも、良き新年を期してほこりを払ったに違いない。

 予期せぬ災難は誰もが御免被りたいが、隣国はつかれたように弾道ミサイルを発射している。今年は事前通告なしのミサイルが日本列島を飛び越えた。

 「あくる日」を「翌年」と詠む年の暮れ。そんな一句をひねれそうな師走である。内閣府が行った世論調査によると、北朝鮮に対する関心の8割以上がミサイル問題だった。天地ともに災いなく、穏やかにすす払いができる新年でありますように。(増)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド