国原譜

 女性の活躍を後押しする新しい組織や施設が、相次いで誕生した。県は19日、「なら女性活躍推進倶楽部」を設立。対象は県内の企業や事業所などで、県女性活躍推進課に事務局を設置するという。

 会員登録した県内企業・事業所の職場づくりの相談、女性職員の人材確保や定着を進め、経営者の意識改革も促し、3年間で500社の会員を目指す。

 一方、王寺町では18日、「女性活躍支援センター」が同町久度、リーベル王寺東館4階にオープン。子ども連れで働けるテレワークスペース「ママスクエア王寺店」と、フリースペースなどを備える。

 約136平方メートルのママスクエアは、保育士がいるキッズスペース、パソコン30台を設置するオフィス、休憩スペースがある。駅ビル直結のため利用者にとっては、何かと都合がいいのではないか。

 いずれも共通するキーワードは「マッチング」。地元での就業を希望者する女性は多いが、企業や事業所とうまくマッチングできていない現状を打破する狙いがある。

 「女性就業率」全国最下位(平成27年国勢調査)からの脱却へ、力がこもる。(恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド