国原譜

 師走も半ば。何かと気ぜわしい時期に、ふと迎春準備の手を止めさせるのが喪中はがき。来し方を振り返る年末に、改めて故人との縁をたぐる。

 ただ、ときには亡くなっていたことを知らずにいて驚くケースも。先日の本紙ニュース川柳には一句「喪中ハガキ訃報に使う水臭さ」ともあった。

 高齢者が増え葬儀の簡素化が進んでいることが背景か。見送りは身内だけで行い、知己縁者には気を使わせないよう連絡は事後とする。そんな思いをエンディングノートに記す時代でもある。

 年齢とともに活動範囲が狭まり、徐々に社会とのつながりも希薄になっていく。だから人付き合いも形式的なものから順に整理していくしかない。

 それでも、なお大切にすべき交遊、よしみがあると知ればこそ水臭いと川柳子は詠むのだろう。賀状は送ってくれるなと言う喪中はがきを手に、さてどうしたものかと困り果てることもある。

 厚労省によると県内の平均寿命は男性が81・36歳で女性は87・25歳という。高齢化ではなく長寿化を祝い、新年を心待ちにできる社会づくりには水臭くない絆が欠かせない。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド