国原譜

 昨日、奈良市内のスーパーの食料品売り場で、数人の外国人の若者グループを見掛けた。視線の先には「にぎりずし」のパックがあった。昼食用に何にしようか、選んでいるような感じだった。

 海外でも、あちこちにすし店が進出しているようで、「すしの人気は高い」と話には聞いていたが、それを裏付けるかのような光景であった。

 レジの近くには、年配の日本人ガイドらしき男性がいて、にこやかに会話をしていた。英語が苦手の筆者には、自然に意思の疎通ができて、もてなす様子がうらやましく思えた。

 話は変わるが、JRの関西線は通勤時間帯の京都行きを除くと、大阪方面からは主に加茂、奈良、高田(五條)、王寺行きの4系統があり、奈良へ向かう外国人観光客が王寺止めに乗ってしまうケースがたまにあるようだ。

 知人女性は、王寺止めに乗ったままだと折り返して大阪方面に戻ってしまうので、外国人に声を掛け、違うホームの後続列車に乗るように案内するという。

 旅の時間を無駄にしないように―これなら誰でもできそうな「おもてなしの一つ」かもしれない。(恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド