国原譜

 奈良マラソンの開幕日が訪れた。きょうから2日間、3キロジョギングと10キロ、フルマラソンの各種目に計1万9342人がエントリーしている。

 近年は東アジアを中心に海外からの参加者も増加。走りながら感じ、目にする古都の空気や風景は、通常の観光とは違っているのかもしれない。

 過去に一度だけ沖縄でフルマラソンを走った。2月でも温暖。完走はもとより、沿道各所で「おばあ」らが差し出してくれるアイスキャンディーを食べ過ぎたことが強く記憶に残る。走る目的や楽しみ方はさまざまだ。

 マラソンにも親しむ作家の村上春樹さんは、著書「走ることについて語るときに僕の語ること」(文藝春秋)で、自身の走りに触れている。「まず重要なことは、ひとつひとつのゴールを自分の脚で確実に走り抜けていくことだ。尽くすべき力は尽くした、耐えるべきは耐えたと、自分なりに納得することである」。

 今大会参加者も順位や記録、完走など各人が目的を持っていることだろう。会場や沿道の雰囲気ともてなしが評判の大会でもある。それぞれのゴールを目指し、健闘を。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド