国原譜

 1本のメールが横綱引退の導火線となった。日馬富士の暴行事件は、被害者の貴ノ岩が白鵬の説教中にスマートフォンをいじったのがきっかけという。日本相撲協会によれば、メールの送り主は彼女だった。

 彼女にすれば、いつもの何気ないメールだったろう。酒席ではあったが、届いたメールに反応したことが、日馬富士の怒りを買った。

 開いたのが帰宅後だったら、と思っても始まらない。目の前に彼女から届いた便りがあれば、読みたいと思うのが人情。スマホを介して24時間誰かとつながる社会の恐ろしさでもある。

 戦中の悲恋を描いた今井正監督の映画「また逢う日まで」(昭和25年)。ガラス越しのキスシーンが有名だが、出征前の最後の逢瀬、男は不幸事で約束の場所に行けない。駅で待つ彼女は突然の爆撃で命を散らす。

 スマホがあれば「行けなくなった」とメール1本打てばよい。今の時代には成立しない映画の一つと言える。

 普及率が携帯電話の約8割といわれるスマホには、利便性とトラブルの種が共存している。どちらが顔を出すかは、使用者の心掛け次第だろう。(増)

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド