国原譜

 少年のころ、教科書に載っていた明治や大正という文字が一つの時代の区切りとして違和感がなかった。明治や大正生まれが活躍していたころだ。

 天皇陛下の退位が再来年の4月末と決まり、5月1日から新元号となる。まだまだ昨日のような昭和を懐かしんでいたら、慣れてきた平成も終わるという。

 平成生まれの若い世代が社会で活躍を始めたばかりだが、今のネット社会の中心的存在となっている。彼らに「昭和っぽい」と、年寄り扱いされるのも当然か。

 かつて明治や大正世代をどんな目で見てきたか。もっと言えば昭和ヒトケタ世代や戦前・戦中派などの言葉で、戦後生まれは、先輩たちを古臭いと思っていなかったか。

 新元号となれば、昭和時代ははるかなものとなり、「昭和は遠くなりにけり」と歌われよう。平成生まれも、新元号世代から、年寄り扱いされる時がくる。こうして時代は移り行く。

 奈良は皇室発祥の地でもある。ことあるごとに来県された天皇陛下に、またゆっくり来ていただきたいと思う。あと1年5か月が、「平和が達成する」の平成時代でありたい。(治)

 

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド