国原譜

 先日、久しぶりに長崎の祖父母らの墓に参ってきた。父方のそれは県中部の入江を見下ろす高台にあった。びっくりしたのは、手入れが行き届いていて、きれいな墓が多かったことだ。

 農家が多いこともあって、会社勤めに比べれば時間がつくりやすいこと、墓地が家から近いという立地もあろうが、祖先を大事にする姿は、昔とあまり変わっていなかった。

 墓を新しく建て替えた家も多く、墓地の一角には故人の没年や年齢を記した「墓碑リスト」もあった。また、親せきの家を訪ねれば、仏間のある部屋の左手の壁には、必ず祖父母ら故人の写真も掲げてあり、懐かしさがこみ上げてきた。

 太平洋戦争で動員され、戦地で若い命を落とした父の2つ上の兄さんが、父が結婚した当初、「うらやましい」と夢枕に立ち、父が連日うなされたという話も聞いた。

 あらためて、今日の日本が、戦争で命を奪われた多くの人々の犠牲の上に存在していることを、忘れてはならないと思いを強くした旅であった。

 お盆などには奈良でも多くの慰霊行事が行われる。帰省はできなくても祈りの思いは届く。(恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド