国原譜

 「学生の多くはバラとカーネーションやチューリップぐらいしか、花の名は知らないのが悲しい」という、ある短大教授の話が「雑記帳」欄に紹介されていた(5日付)。

 筆者もそんなに詳しくないが、今どきの若者よりはましかもしれない。それは生活環境の違いなのだろう。学校や家庭で、花に囲まれた暮らしをしていれば、おのずと花の名前も覚えるのだろうが、そんな機会がないと覚えるのは難しい。

 会社の同期のS君はデートの時、花屋の店先でペチュニアという花を指さして「ボクの今の気持ちです」と言ったらしい。花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」なのだとか。

 当方は、そんなおしゃれな会話とは無縁だが、必要性に迫られる人は、花言葉をきっかけに花の名前を勉強するのもいいかもしれない。

 時あたかも花を愛でるには心地良い季節。野山や街なかを歩きながら、目に映る花の名前を覚えるには好機だ。

 冷たいスマホの画面ばかり見続けていると、せっかくの季節の移ろいにも気付かなくなる。時には目を休ませて、花を見れば、心豊かになれるかもしれない。(恵)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド