国原譜

 北から南へ、そして山の峰から麓へと足早に下ってくる紅葉前線。県内は吉野山が既に見ごろとなり、信貴山や奈良公園も色づき始めたようだ。

 もちろん紅葉と言っても木々の種類によって時期が異なる。紙面にも掲載されている「紅葉だより」が対象とするのは主に名所のイロハモミジだ。

 真っ赤に染まる小さな葉は、秋の日差しを透かして美しく、散ってまた風情がある。在原業平の有名な一首「千早ふる神代も聞かず竜田川」が描写する深紅も恐らくこの木のことなのだろう。

 ただ読み方は同じでも黄葉というものある。代表格はイチョウ。県内では天理市の中心市街地を彩る街路樹、また各地で見られる巨木の黄も圧巻。

 奈良地方気象台の生物季節観測によると、イロハモミジの紅葉が奈良市で見ごろを迎えるのは例年、今月下旬から12月上旬。ただし最早は10月9日と記録されているから結構、幅は大きそう。

 雨の日が多かった先月とは打って変わり、好天に恵まれた3連休。秋山で紅葉狩りを楽しむ人もいるだろうが、崩れた斜面や荒れた散策路などには十分な注意を怠りなく。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド