国原譜

 商店街には専属のアナウンス嬢がいて、各店のお買い得情報を流していたという。商都として栄えた大和高田市の商店街。アナウンスを担当していた女性にそんな話を聞いた。

 放送する広告がないか、お店を営業に回ることもあり、商店主とも顔なじみになる。映画館では入っていけと勧められ、料金なしでいろんな映画を見せてもらったという。

 商店主や買い物客の笑顔が浮かぶような話だった。今、大和高田市の商店街にかつてのにぎわいはないが、古写真を見れば国内有数の商店街だったというのもうなづける。

 同じく再生を模索する桜井駅南側の商店街で、「桜井ゴールデンアワー」と題した催しが18日に開かれる。メイン会場は昨年3月に閉店したボウリング場だ。

 コンセプトは「黄金期復興」。催しのタイトルからも昭和の香りが漂う。当日はライブパフォーマンスなどがあるという。

 桜井駅前の商店街では3年前の大火以降、アーケードの撤去が進んで面影も変わりつつある。駅前のにぎわいをどのような姿で取り戻すか、新たな催しが、再生の強い火種となればいい。(増)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド