国原譜

 衆院選の余韻が続いている。会う人ごとに、選挙の感想が聞かされる。素人は素人なりに、選挙の分析をしているが、見るところは見ていると思う。

 今年の流行語大賞を狙っているのではなかろうが、「謙虚」という言葉が、大勝した自民党や野党の希望の党、解体した民進党から聞こえてくる。

 公示前勢力と比較すれば、与党側は議席を減らしている。しかし、野党側はもたついてしまい、新党を立ち上げたものの、どんな政党なのか国民には理解されなかった。

 それにしても、希望の党の失速ぶりはひどかった。県内でも3選挙区すべてで候補者が立ち、公示前にはどんな選挙になるのかと注目されたが、1区で前職さえも落ちてしまった。

 旧選挙区の奈良市だけなら、自民党は負けていた。小池都知事が党代表を続けるという希望の党が、どんな党なのかをしっかり国民に示す必要があろう。

 まさか選挙の時だけで、県内組織は立ち上げないというなら、有権者をばかにしたことになる。立憲民主党もどう組織づくりをするのか、民進党県連の今後を注目したい。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド