国原譜

 「空の青さや海の匂いのように万葉の歌人が、その使用法をよく知っていた『かなし』という言葉のようにかなしい」。モーツアルトの音楽を評して小林秀雄はこう表現した。

 弁護士の下村敏博さん(67)が万葉集の歌に曲をつけ、所属するアンサンブル・シュバリエのコンサートで3曲が初披露された。西洋のスタイルで書かれた下村さんの曲を聴いて、前述の小林エッセーが頭に浮かんだ。

 九州防衛のために遠国から徴用され、故郷を思う防人(さきもり)の歌、謀反の疑いで捕らえられて護送される途中の有間皇子の歌、自殺した娘をしのんだ母の歌。

 純粋無垢な万葉人の心情だ。3曲はいずれもかなしい。万葉集には「かなし」という言葉が114語あり、悲哀、愛しい、孤独など幅広く使われているという。

 終演後は聴衆から「非常に素晴らしかった」との声があった。歌曲から1300年前の「かなし」が伝わった。

 下村さんは6年前、万葉歌コンクールで明日香村長賞を受けた。それから書き溜めた万葉歌27曲で楽譜集を出した。来年にはCD化などを予定している。(栄)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド