国原譜

 国の文化審議会答申で、三重県津市の専修寺御影堂が新規の国宝に選ばれた。少し意外な気もするが、指定されれば同県で初の国宝建物となる。

 隣接する県ながら奈良県とは随分違うものだ。今回の答申を受けて建造物の国宝は計225件となる予定。このうち奈良には64件があり全国最多。

 ただ数が過ぎて個々の紹介が不十分なうらみも。例えば長野県では松本城について見聞きする際、必ず国宝の2字が冠せられるが、県内では国宝建物がどれか分かりにくい場合も少なくない。

 もちろん国宝ばかりに目が行くより、幅広く県内の文化財を見てほしいという意見もあるだろうが、同時に国宝が特別であることも再確認したい。

 また国宝や世界遺産を“当たり前”と感じられる豊かな歴史風土は、一方で大仏商法に陥りやすい半面、県民も気付かない所にまだ新たな魅力が埋もれていたりする。それが奈良のすごさだ。

 きのうは奈良新聞社が創刊70周年で企画した「奈良遺産70」が表彰される機会を得た。こちらは今に息づく新名物。国宝に負けず劣らず地域活性化に活用できればと願う。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド