国原譜

 県が今後20年の将来を見据えて掲げる「なら新都(みやこ)づくり」構想。施策は観光、道路、産業、医療・福祉、まちづくりなど多岐にわたる。

 柱の一つが奈良モデルによるまちづくりで、県都・奈良市の整備も重要課題だ。市内に全国有数の「開かずの踏切」を抱える近鉄線の改良を、県は近鉄側に迫っている。

 県が示したのは、大和西大寺駅周辺の立体交差化、平城宮跡内を走る線路の移設、奈良公園地域までの線路延伸と新駅設置など。「たたき台」として提案している。

 先日の定例記者会見で、荒井正吾知事は「何も進んでいない。近鉄側から返事がなく、検討しているかどうかも分からない」と不満をあらわにした。

 県唯一の国際級ホテル「JWマリオットホテル奈良」や登大路バスターミナル(仮称)、平城宮跡歴史公園といった中核プロジェクトが着々と進む中、鉄道と道路の整備は不可避に思える。

 近鉄は早急に自らの考えを示すべきだ。大事なのは行政と民間企業、市民などの連携という奈良モデルの理念に対する意思一致。論議は遠慮せず活発に、足並みは乱さずにだ。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド