国原譜

 10日の衆院選公示まで、わずか1週間。いわゆる「戦いの構図」が定まるのに、これほど難航するのは異例だ。そしてまだ事態は流動的に見える。

 大まかには自民、公明両党中心の与党と、対抗軸の柱になりそうな新党「希望の党」を中心とした勢力、さらに新党「立憲民主党」との連携に動く野党勢力。

 この三つの勢力が複雑に絡む展開というのが、現時点での有力な見方だ。これで確定するかどうかは予断を許さない。ただ、「政権選択選挙」としての結果は見通せなくなった。

 県内3選挙区に何人が出馬するかは固まっていないが、激しい選挙戦になるのは必至。また名前の連呼など通用しない、政策論争中心の選挙になることも期待される。

 政党に「転向」はつきもの。かつての暗い戦争の時代にもあり、戦後すぐに転向をめぐって幅広い層による検討が深められた。その遺産は生かされるべきだ。

 政党=政治集団とは何か。政党の生誕と消滅をどう見るか。今回の衆院選は、主役である有権者が政治への理解を深める絶好のチャンスだ。各政党・候補者をじっくり“観察”しよう。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド