国原譜

 公示まで1週間の衆院選だが、選挙の構図はまだ固まらない。とはいえ、有権者としては選挙への気持ちは高めておきたい。

生駒市選挙管理委員会が期日前投票の立会人の募集を始めた。若い世代に選挙や政治に関心を持ち、身近に感じてもらうことが主眼で、対象は18~39歳。高校生も応募ができる。

 同選管が立会人を公募するのは初めて。以前から若者対象の公募を考えていたそうで、たまたま今回の総選挙が初回となったらしい。

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて以来、県内の高校でも模擬投票などが盛んだ。自分たちの未来にかかわる選挙に、当たり前に関心を持ち、積極参加する姿勢を身に付けるには、若いころからの積み重ねも大事だろう。

 今回の同選管の取り組みにも同様の意識があったようだ。ホームページ中心の募集だが、予想以上に立会人登録の申請があるというから、同市の若い有権者もなかなか頼もしい。

 もちろん、経験豊富な先輩が、選挙に真しに臨む態度を若者に示すことも大切。熟慮の末に1票を投じるまで、選挙から目をそらさずにいたい。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド