国原譜

 8年前の政権交代の勢いどころか、消えてなくなるとは予想もしなかった。民主党から民進党に名称変更し、今度は「希望の党」に“合流”するという。

 小泉元首相は「自民党をぶち壊す」と郵政解散を断行したが、安倍首相は解散で民進党をぶち壊してしまった。まさに想定外のことだ。

 それにしても小池都知事は、「都民ファースト」と訴え、都政を進めてきたが、知事選で公約したことがどこまでできたのか。新党の党首に就任し、政権選択を求める衆院選に臨む。

 もし過半数を占めたら、小池氏が知事のままなら、党首でない人が総理大臣になるということか。政権交代を目指すなら、自ら出馬するしかないはずだ。

 それにしても民進党の候補者は、党名が変わっただけなので、有権者も新党のイメージが薄れよう。選挙に有利になるように、全員が新党に参加というのも理解に苦しむ。

 新進党が誕生した時は、大きな流れを感じたが、今度はそんな話し合いの過程が見えないだけに、政権交代となれば、希望より不安になる。ともあれゴングは鳴った。有権者の出番だ。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド