国原譜

 衆院解散に向けて一気に動き出した。自民党も候補者調整を行い、定数が1減となった県内の小選挙区候補を予想通りではあったが決定した。

 民進党も新3区の候補者選定が急がれる。共産党や日本維新の会は、早々と動いており、東京都議選で小池ブームを巻き起こした新党の出方も注目される。

 内閣改造で少し持ち直したとはいえ、このところ支持率が急落していた安倍内閣だけに、前原新代表が誕生した民進党のもたつきや、小池新党の形が見えない今が勝負と読んだのだろう。

 北朝鮮のミサイル発射といった、不穏な情勢のなかで、政治空白をつくることの是非も問われよう。おごりからきた失言の数々は、忘れるわけにはいかない。

 1減となった県内選挙区は、それぞれ地盤が拡大した。これまでなじみの候補者が、いなくなる市町村もあり、有権者もとまどう。短期決戦のなかで、どこまで支持を広げるかだ。

 支持政党は変わらなくとも、今度の候補者がどんな人物なのかを見極めねばなるまい。暴言を吐いたり、不祥事で離党するなど、そんな議員はいらないから。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド