国原譜

 衆院議員の任期は4年。ただし解散の場合には満了を待たず任期が終わる。だから同議員はいつ選挙になっても対応できる気構えが欠かせない。

 それを称して常在戦場というらしい。もちろん精神論ではなく具体的な選挙準備が求められるが、実際には尻に火が着くまで動かないという面も。

 今回も政局が来週開会の臨時国会冒頭で解散、総選挙の流れで一気に動き出したものの、県内では自民党の候補者調整がまだ決着しておらず、野党第一党の民進党は3区候補の影も見えない。

 そんな中で共産党が即応、18日に奈良市内で街宣に乗り出したのが目をひいた。ただ野党共闘をめぐる中央レベルの協議はなお見通せない状態だ。

 一方、今回の政治日程について臨時国会で首相に対する野党の追及をかわす意図が指摘される。自民党県連の人事調整も先送りしてきた課題を時間切れで収拾するやり方なら批判を免れない。

 そもそも政治家が持つべき常在戦場の心得とは、選挙に勝ち残る方策ではなく有権者の声に耳を傾ける姿勢に違いない。政局がご都合主義で決まっては不安と不満が募る。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド