国原譜

 ラジオのパーソナリティーとして、カントリー&ウエスタンの歌手として、京都を中心に活躍した諸口あきらさんが、10日に81歳で亡くなった。

 今から40年以上も前の青春時代に聴いた、KBS京都の深夜放送「日本列島ズバリリクエスト」などで、頼れる兄貴として「諸兄い」と呼ばれていた。北九州生まれなのに、なぜか江戸の「べらんめえ調」の語り口だった。

 円山公園野外音楽堂での「宵々山コンサート」などで、ギターを抱えてカウボーイハットをかぶり歌う姿は格好良かった。

 持ち歌の「キーストン・ブルース」は、1967年の仁川の阪神競馬場で65年度のダービー馬、キーストンに起きた悲劇を歌ったもの。けがした競走馬が倒れた騎手を気遣う姿を描いた、涙なしには聴けない語りと曲であった。

 その後、MBSラジオで夕方放送の「イブニングレーダー」では辛口の評論を展開して人気だった。

 不倫や暴力、政活費の流用…、もはや何でもありの現在の政治家の姿をみて、どうコメントするだろうか。「しょうがねえな、全くなあ」―そんな、ぼやきが聞こえて来そうだ。(恵)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド